• 院長挨拶
  • 診療案内
  • カウンセリング
  • 趣味のページ
  • 心療内科 Q&A
  • 所在地
  • メール相談
  • 趣味のページ
  • HOME
  • >
  • 趣味のページ

趣味のページ

前へ

次へ

第13回 熊野古道

熊野古道が世界文化遺産に登録されてから、ちよっとしたブームになっているようだ。熊野古道とは、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)にいたる参詣路のことである。平安時代に、京の都から上皇や貴族が熊野詣でを盛んに行ったことで知られている。いくつかのルートがあるが、わたくしはその中の、「中辺路(なかへち)」、「大辺路(おおへち)」を歩いてみた。

 このように、ツアーを組み、ガイド付きで説明を受けながら歩くのである。年配の人が多いが、なかなかの健脚家ぞろいである。聞いてみると、普段から体力作りに熱心で、その一環として来た人がおおいことがわかった。

 中辺路ルートにたたずむ地蔵。こんなひなびた光景がいたるところにみられる。このアングルは、このルートの代表的な写真スポットであるとの説明であった。

 中辺路から熊野川をみる。日本の代表的な景色だ。よく氾濫するという。

 ここは、那智大社に至る大辺路ルート。このように石畳のところもある。しかし、訪れる人が急増して、石畳の苔がすりへっていくそうだ。

このページの先頭へ