• 院長挨拶
  • 診療案内
  • カウンセリング
  • 趣味のページ
  • 心療内科 Q&A
  • 所在地
  • メール相談
  • 趣味のページ
  • HOME
  • >
  • 趣味のページ

趣味のページ

前へ

次へ

第14回 パールハーバー

 8月15日といえば、終戦記念日。12月8日といえば、開戦記念日。いずれの日も、日本人には忘れることのできない歴史的な日である。終戦記念日には、全国戦没者追悼式が行われ、開戦記念日は、日本海軍のハワイ・真珠湾攻撃に代表される。わたくしはハワイ旅行のさいに、オアフ島のパールハーバーを訪れたことがある。驚いたことには、かつての戦場は、今日では人気の観光スポットになっていることであった。

 真珠湾の中にあるフォード島の対岸からみた眺め。この写真スポットはたいへん有名。左に戦艦「ミズリー」、右に「アリゾナ記念館」が見える。戦艦「ミズリー」は降伏調印式が行われたことで知られ、アリゾナ記念館は、日本軍によって沈められた米国の戦艦で、戦後、記念館として保存されることになった。観光客はまずこの場所から、フォード島に移動する。

 アリゾナ記念館は、沈没した戦艦アリゾナの上に横切るように建てられている。中には戦死者の名簿が祀られている。水面下にアリゾナの残骸が見えるが、当時、フォード島にそったこの写真の位置に、米国太平洋艦隊の戦艦が二列縦隊に係留されており、それが主な攻撃目標であった。真珠湾は水深が浅いといわれているが、この写真からなんとなくわかる。

 戦艦「ミズリー」。はじめて大型戦艦を見たが、なんと巨大なことか。しかし、大和型戦艦の「大和」と「武蔵」はこれよりさらに大きかったというから、さらに驚きである。戦艦「ミズリー」は、昭和19年1月29日に進水、翌月には真珠湾に来ている。翌年、硫黄島作戦、沖縄作戦に参加。戦後は、朝鮮戦争に参加。一時引退したが、イラク戦争で復活。艦砲射撃やトマホークによる攻撃も行った。その後、完全に引退してここに係留されている。

 戦艦「ミズリー」から対岸を見る。ミズリー号が係留されている位置には当時、戦艦「メリーランド」が係留されていたが、日本海軍の雷撃機は、当時、潜水艦基地のあったこの写真の方向から超低空で進入し、魚雷を投下すると直ちに急上昇して待避するという、きわめて高度な技術を求められた。地形が似ている鹿児島湾の桜島で猛訓練を積んだのは有名な話しだ。

 戦艦「ミズリー」の右舷甲板。人が集まっているところに、降伏調印式が行われた記念碑がおかれている。昭和20年9月2日、東京湾にうかぶこのミズリー号のこの場所で、重光葵全権代表を長とする降伏使節が降伏文書に署名した。

 戦艦「ミズリー」の右舷後方に、凹んだところがある。日本の特攻機が体当たりした跡だそうだ。突入直前の写真が残され、最近では本も出ている。零戦に250キロ爆弾を搭載して突入したが、突入寸前に投下した爆弾が海面に落下したとされている。パイロットは甲板に投げ出されて戦死したが、艦長のはからいで、翌日、丁重に水葬されたという。

このページの先頭へ